西日本新聞の購読申込方法は?クレジットカードと口座振替どっちがお得?

新聞

スポンサードリンク




西日本新聞は九州最大の発行部数にして136年の歴史があり、購読者数も5万部を超えます。
地域情報は手厚く最大5ページもあります。
なんと言っても、ホークスファンは確実に購読してるのではないでしょうか。

暮らしに役だつ、親子でも読めるそんな西日本新聞を
検討しているあなたへお得な情報を共有しますね。

西日本新聞の購読申込方法は?

西日本新聞の購読申込は至って簡単です。
公式HPから必要項目を入力するだけ!

今なら西日本新聞が無料で読めちゃう!
↓↓↓
西日本新聞本紙・スポーツ紙試読キャンペーン

西日本新聞の気になる購読料は?

・西日本新聞朝夕刊セット 新聞定価月ぎめ
本体価格4,074円(税込4,400円)

・セット版朝刊のみ
購読料はエリアセンター(販売店)にお問い合わせください。

・西日本スポーツ/新聞定価月ぎめ
本体価格3,010円(税込3,250円)

・西日本新聞 夕刊 (※福岡県内にお住いの方のみ)
購読料はエリアセンター(販売店)にお問い合わせください
※夕刊のみのお客様はプレゼントキャンペーン対象外となります。

ちょっと制限もあるし、分かりにくい場合はエリアセンターに直接連絡下さい。

と言う感じですね。

西日本新聞購読料値上げについて。

西日本新聞の購読料は2019年5月から月ぎみ購読料を363円値上げして4400円(税込)となった。
この新聞購読料の値上げについては業界全ての方向性という話も出ていまして、
実際、東京新聞も月極購読料を357円の値上げ、読売新聞値上げ。

それを考えるとどの新聞購読したとしても
値上げはこれからもあると考えられる、せっかく購読するなら九州発行部数NO.1の西日本新聞を購読する方が地域的にはメリットがある。

西日本新聞6ヶ月以上お申し込みの方へプレゼントは見逃せない!

素敵なプレゼントがGETできます。

・かばい佐賀ひのひかり
無洗米、簡単に美味しくたけますよ!

・デジタル電波時計
アラーム&カレンダー機能付き

・包丁・ハサミセット
料理をこれから頑張ろうとしているあなたへ。下ごしらえはこれがあればバッチリ

・コーヒーメーカー
簡単操作で楽々!コーヒー好きのあなたへ

・佐賀上場米こしひかり(2kg)
九州で人気の高いお米をこの際に食べてみませんか?

・電気ケトル
コードレスで使いやすさもバッチリ!
必要な時に必要な分だけ!

・トイレットペーパー
個人的はこれが嬉しいかも!

・洗濯洗剤(ナノックスセット)
本体に詰め替えセット!
生活消耗品もお得です!

・サンポー焼豚ラーメン(12個)
本格的な豚骨ラーメンをがっつり食べれますよ!

・ドトールコーヒーギフト
コーヒー好きなあなたにバッチリ!

・緊急用、防災バック

 

スポンサードリンク

西日本新聞購読料はクレジットカードと口座振替支払うとお得!?

実は
口座振替(自動振替)クレジットカード決済どちらもお得なんです。

理由は以下。

メリット3つ

1、払い忘れがない。
自動で口座から引き落としがされるので、集金日や時間を気にする必要がありません。

2、支払い記録が残る。
口座振替は通帳にカード振替はカード支払い明細として記録に残ります。

3、収支計画が立てやすい
毎月決まった日に振り返られるので
月々の収支計画を立てやすくなる。

振替日は毎月26日です。
※記入期間が休日の場合は翌営業日に振替です。

口座振替ができる金融機関(順不同)

・福岡銀行
・西日本シティ銀行
・福岡中央銀行
・筑邦銀行
・佐賀銀行
・佐賀共栄銀行
・十八銀行
・親和銀行
・長崎銀行
・肥後銀行
・熊本銀行
・ゆうちょ銀行
・JA(福岡・佐賀・長崎・熊本)
・福岡県内信用組合
・佐賀西信用組合
・佐賀東信用組合
・長崎三菱信用組合
・佐賀県下漁協
・九州労働金庫
・福岡県内信用金庫
・九州ひぜん、たちばな、各信用金庫
・唐津、佐賀、伊万里、各信用金庫

ゆうちょ銀行や各都市銀行に対応してるのであなたにとって都合のいい金融機関を選択してくださいね。

クレジットカード決済ついて

上記メリットとクレジットカードはお得なカード会社のポイントがつきます。

利用可能なクレジットカード会社

・VISA
・JCB
・MasterCard
・AmericanExpress

※振替日はカード会社の規定に準じます。

個人的には口座振替よりもクレジットカードの方がポイントもついて断然お得と判断します。

西日本新聞購読の際にオススメなクレジットカード。

・NTTグループカード
下記リンクより申込ページがございます。

毎月200円、30か月分ずーっとキャッシュバックがある。と言うものですね。

200円×30ヶ月=6,000円分お得です。

・オススメのクレジット会社

随時更新します。

西日本新聞を購読したいならコチラから!

 

7日間の無料購読はコチラ


 
【定期期購】をはじめる方はコチラから!


 

まとめ

個人的には自分の利用しているクレジットカードで西日本新聞の購読をお勧めします。
あとは、支払いの手間が必要ない。というところです。
また、クレジットカードを利用するのが不安であれば講座引き落としをご検討してみてください。

いまなら、7日間の無料購読ができるサービスもあるので、
まだどの新聞を購読するのか迷ってるかたにはとてもオススメですよ!