町内会向け回覧板の書き方!例文やテンプレートから回し方まで。

町内会・自治会

スポンサードリンク




町内会、自治会の班長に就任直後、丁寧な引き継ぎがあれば
安心して始める事ができると思いますが、

地域によっては思うような引き継ぎを受ける事ができない方が
多いのではないでしょうか。

ここでは、町内会自治会の最初の挨拶から集金。
その他、すぐに役立つ例文、使いやすいテンプレートを
紹介させて頂きますね。

一年間スムーズに仕事を進められるよう、情報を集めておきましょう!

<!–more–>

<h2>町内会の回覧板、挨拶文の書き方はどうする?</h2>

町内会の班長就任の初めは挨拶が肝心です。

まずは、一番初めの仕事となる挨拶文から考えていきましょう。
ちょっと硬いぐらいがいいですよ。

よくあるパターンとして、
挨拶文と一緒にお知らせしないといけないのが町内会費の集金について。
(コピー可)

拝啓時下ますますご清祥の事とお喜び申し上げます。
この度、今年度の班長を務めさせて頂くこととなりました。
何かと至らない点があるかと存じますが、
皆様にはお力添えを頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成○年度の町内会費を、下記の要領にて集金させて頂きますので、
お知らせ致します。ご多忙中、大変恐縮でございますが、
ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

1.会  費  ○○○円
2.集金期間  平成○年○月○日~○月○日まで
3.連 絡 先  ○○○‐○○○○

よろしくお願いもう上げます。

(名前)

最初は無難に終わらせましょう。

引き継ぎで文章テンプレートをもらっていればそれを使えば
問題ないですが、もらえない地域もありますので。

ご年配が多い地域であれば、少し固い文章の方が受け入れられやすいです。

書き出しは、季節の挨拶を入れてもいいかもしれませんね。

町内会の回覧板のテンプレートお伝えします!

地域によって異なるとは思いますが、

・地域の総会
・ゴミの回収
・町内会の行事
・地域の清掃に関して

など
様々な文章を出さないといけない地域もあります。

また、中には
本当は回覧板で色々な案内を出したいが「書き方がわからない!」って方も
いますよね。

地域では、前回の会長さんや班長さんが引き継ぎの中で
いろんなパターンの書面を用意してくれることもあると思いますが、
どれも書面での引き継ぎなのでデーターで残らないこともありますよね。

できれば、
パソコンで雛形を準備して、使うときに
・名前
・日時
・開催名

このあたりの変更だけできればもっと効率よく
町内会、自治会の作業を終わらせる事がで来ますよね。

そんなちょっと手間な町内会、自治会の案内文。
さまざまなお知らせや案内の例文がまとめてあって、困った時にとっても便利ですよ。

 

 

町内会の回覧板の回し方をスムーズに行うために。

町内会、自治会の案内文を作成ができたら、
次は回覧板の回し方ですよね。

回覧板を回すと言っても、
戸建てかマンション・アパートなどにもよります。

・地域のルールに沿って回覧板を回す。

これが一番間違いありません。
マンションなら〇〇号室の人から回す。
戸建てなら〇〇さんのお宅から回す。

といった地域性がある場合がありますので、
前任の班長や会長さんに聞いてみるのが一番ですよ。

毎年変わる場合やずっと固定の場合がありますので。
(お隣との距離がまちまちだったり、お隣との関係が良くない方への配慮だったり、という理由で)

その地域のやり方や、独自のルールがありますので、
一般論よりも、その地域で今までどのように進めてきたのか、
それを知る事の方が何よりも重要になります。

繰り返しになりますが、
前任の班長さん、または会長さんに確認して、教えてもらうのが一番確実です!
加えて、回覧板を回す際の注意点についても確認をしておけとスムーズに
進める事ができます。

・回覧板を回す時間が限られている
・インターホンの有無
・ポストに投函はあり?なし?
・玄関前やドアノブに回覧板を、置くまたはかけることはありなのか?
・回覧する期間の設定

なども確認しておきましょう。

班長に就任する、始めに引き継ぎがあると思いますので、
わからない事があればなんでも聞いてみましょう。

大切なことは、
前任の班長といい関係を気づくこと。
「今後わからないことがあれば教えてください。」
と一言でも話しておくと後々の行事などうまく運ぶ事がありますよ。

くれぐれも「面倒臭い・・・」
なんて雰囲気は決して出さないように気をつけてくださいね。

まとめ

地域によって異なるとは思いますが。

・効率よく作業を進める事ができるために
文章はテンプレート化。引き継ぎも楽です。

・わからない事があれば前任や同じ町内の人に助けを求める。

地域によっては協力体制があったりなかったりと状況は変わると思いますが、
地域のことをより深く知る機会にもなると思うので、
1年間頑張って大変ですが頑張ってくださいね。