回覧板の季節の挨拶「春」例文から書き出しまで紹介します。

町内会・自治会

スポンサードリンク




突然ですが、持ち回りで町内会の班長に任命されてしまいました。
「はて、何をしたらいいんだろう…」としばし悩んだ挙句、「そうか。回覧板を
回さなきゃ。ご挨拶もしないといけないし。」

と気がついたものの、新たな悩みが…

「でも、挨拶文なんて普段書かないし、変な挨拶文だと失礼だし笑われちゃうし、
どうしたものかなぁ…」

回覧板の挨拶文は大体パターンが決まっているので、そんなに悩まなくても大丈夫です。
今回は、4月から班長になったと仮定して、挨拶文の書き方、例文、時候の挨拶文に
使われる表現についてご紹介します。

挨拶の内容は大体決まっている

班長に就任した際の挨拶文は大体決まっています。

書く内容としては、

・時候の挨拶
・相手が健康で無事な事を喜ぶ
・自分が班長になった事を伝える
・任命されたばかりなので協力してほしい旨を伝える
・必要であれば町内会費の集金について伝える

以上となります。

この中で「町内会費の集金」については重要ではあるものの事務連絡となります。
純粋に挨拶するだけであればいりません。挨拶ですので、短くシンプルに書けば
大丈夫です。逆に長ったらしいと印象が悪くなるので気をつけましょう。

回覧板の挨拶例文を実際に書いてみました。(コピペO K)

では、実際に例を挙げながらご説明します。

回覧板の挨拶例文の構成ポイントは6つです。
① 年月日、宛先を記載
② 題名を記載
③ 時候の挨拶と相手が健康であることを喜ぶ。(前文)
④ 自分が班長になった事を伝える(主文)
⑤ 任命されて間もないため協力してほしい旨を伝える(末文)
⑥ 集金のお知らせ(追伸)

【例文】

2020年4月1日
〇〇町内会 〇班の皆様 ← ①

班長交代のご挨拶 ← ②

拝啓  春光うららかな季節を迎え、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 ← ③

さて、この度令和二年〇班の班長を務めさせて頂くこととなりました。← ④
初めての事で至らない点もあるかとは思いますが、皆様のご協力を賜りたく何卒宜しくお願い申し上げます。← ⑤

令和二年度の町内会費を下記要領にて集金させて頂きますのでお知らせ致します。ご多忙中誠に恐れ入りますがご協力の程宜しくお願い致します。←⑥

敬具

1. 会 費 〇〇〇〇〇円
2. 期 間 令和二年四月〇〇日から四月〇〇日まで
3. 連絡先   電話 〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇

以上

① 年月日、宛先を記載
年月日は文書を発送する日(つまり回覧板を回し始める日)、宛先は、自分が指名された班(自治会であれば自治会名)を記載します。

② 題名を記載
決まり文句「班長交代のご挨拶」と記載します。

③ 時候の挨拶と相手が健康であることを喜ぶ。(前文)
時候の挨拶(これも決まり文句)に続き、相手の無事と健康を喜ぶ文言をいれま
す。この文言もパターンは決まっていて、町内かであれば「ご清祥のこと」か
「ご清栄のこと」のどちらかになります。

ここで気をつけたいのが書き出しの「拝見」と時候の挨拶を同じ行に書くことです。
改行は不要です。

ちなみに、「ご清祥」と「ご清栄」ですが、以下のような違いがあります。

ご清祥  相手の健康を祈り、無事であることを喜ぶ
ご清栄  相手の無事、健康、繁栄を喜ぶ

決定的な違いは「繁栄」です。ご清栄では健康と繁栄両方を祈るため企業向けの挨拶文で使用できますが、逆にご清祥は祈る対象が健康と無事だけになりますので企業への挨拶には不向きな表現と言えます。今回は企業向けの挨拶文ではありませんが、もし企業向けに挨拶文を書くことになった場合には気をつけてください。

なお、例文では「ますます」とつけています。これは、形容詞の「さらに、より一層」にあたります。

④ 自分が班長になった事を伝える(主文)
ここはシンプルに自分が班長になった事を伝えましょう。

⑤ 任命されて間もないため協力してほしい旨を伝える(末文)
班長になって自信満々かもしれませんが、この一言は重要です。無いと印相が悪く
なります。後々自分の首を絞めることになりかねません。謙虚な気持ちで書きましょう。

⑥ 集金のお知らせ(追伸)
事務的な内容となります。金額、いつからいつまでか(期限はいつか)、何かおき
た時にどこに連絡すればよいか記載します。

最後に「敬具」で締めくくれば挨拶文の完成です。今回は集金のお知らせを記載しましたので追伸の後に「敬具」としていますが、集金のお知らせを入れないのであれば、末文の終わりに「敬具」といれて締めくくります。

集金のお知らせを入れた場合は、「敬具」で締めくくった後に記書きとして「記」にて伝達事項を記載し「以上」で締めくくります。

こうしてみると、挨拶文は至ってシンプルだという事がわかります。小難しく考える必要はありません。ちなみに、このような書き方は一般的なビジネス文書の書き方と同じです。

町内会の班長になったことをお知らせする回覧板挨拶文の書き方まとめ

1: シンプルに書く。使う言葉は大体決まっている
2:「拝啓」で始まり「敬具」で終わる。「拝啓」と「時候の挨拶」は改行不要
3: 内容は「表題」「時候の挨拶」「相手の健康を喜ぶ」「班長になった旨伝達」「協力を仰ぐ文言」のみ
4: 連絡事項を入れたい場合は、「敬具」の後に「記」で始め、終わりは「以上」
とする

スポンサードリンク

回覧板の季節の挨拶、「春」の書き出し例文を3つ紹介

基本的な書き方についてはご説明した通りとなります。「春」を意識して挨拶文を書くとこのようになります。「春」で変わる部分は、最初の時候の挨拶部分のもとなりますので、ここでは、書き出しの1文(前文)のみ記載します。

基本パターンとしては、先ほどご説明した通り「時節の挨拶」+「相手の安否」となります。

【例文1】 春になりポカポカとした陽気の時

春陽麗和(しゅんようれいわ)の好季節、皆様におかれましてはますますのご健勝のこととお慶び申し上げます。
→春の日差しが暖かく良い季節、皆様一層ご健康ですこやかに過ごしていることを大変うれしく思います。

【例文2】 春になり段々暖かくなってきた時

うららかな好季節を迎え、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
→晴れ晴れとしてよい季節になってきました。どのように過ごしていますか?

【例文3】 春だと思っていたのに急に3月下旬ごろの陽気に戻ってしまった時

花曇りの昨今、お変わりなどござませんでしょうか。
→近頃桜が咲き始めた頃のような薄曇りですが、体調など変わりはないでしょうか。

同じ春ではありますが場面によって挨拶の言葉が違ってくることがお分かりいただけるかと思います。基本的なパターンは決まっているものの、その時々の状況に応じて使い分けることが大切です。

回覧文書「春」の書き出しバリエーションを紹介

ここまで、「春」に書く挨拶文についてご説明してきました。
せっかくですので、春の時候の挨拶に使われる言葉、季語についてご説明します。
春の時候の挨拶に使われる言葉にはこんなものがあります。

 

【時節の言葉】 【意味】
花便りも伝わる今日この頃 昨今周りで春の花が咲いております
うららかな好季節を迎え 晴れ晴れとしてよい季節になってきました
春光うららかな 春の日差しが晴れ晴れとして
春たけなわ 1年のうちで最も春らしい時期となり
春の愁いにとらわれ 春の季節に何となく侘しく思いますが
春陽麗和の好季節 春の日差しが暖かく良い季節
春宵一刻千金の候 春の日暮れは千金にも値しますが
花冷えの時節ではございますが 桜が咲き始めた頃の陽気に戻りましたが

花曇りの昨今  近頃桜が咲き始めた頃のような薄曇りで

※それぞれ「愁い」は「うれい」、「春陽麗和」は「しゅんようれいわ」、「春宵」は「しゅんしょう」と読みます。

基本的には、春の穏やかな陽気を表したものが多いですが、中には寒暖差で春先の頃のような寒さに戻っていることを意味する「花冷え」「花曇り」、春の陽気なのにふと憂鬱なけだるい気分になってしまうという文学チックな「春の愁い」という言葉もありますので、その時々で使い分けてください。

回覧板季節の挨拶まとめ

いかがでしたでしょうか。
挨拶文は決まり文句が多いため、同じような場面に遭遇した場合でも使い回しが
ききます。

何より失礼が無いように気をつければ、挨拶された方も「よろしくお願いします」と言ってくれます。お互いに協力して活動を盛り上げていきましょう!